木を使うとよいワケ

For Our Forest

木を使うとよいワケには2つ理由があります。

<理由その1>日本で育った木を使うことで日本の森林を守ることができる。

一つは、木を伐採すること=環境破壊と思われがちですが、実際には、成長した木を利用し、新たに木を植えて成長させたり、必要な木だけを成長させることによって森の環境を循環させ、守ることが必要です。

現在、地球温暖化を防ぐ森林の働きが重要視されています。木々が光合成することによって、温室効果ガスである二酸化炭素を吸収して蓄えることにより、大気中の温室効果ガスを減少させることにつながるためです。

健康な森を保つためには手入れが必要です。古来の日本人がそうしていたように、人が不要な木を間引きしてそれらを有効活用し、必要な木だけを成長させると言う作業が必要なのです。

<理由その2>木がもたらしてくれる目に見えない恩恵

ひのき家具は、長く使うと色合いとつやが出て、とてもいい表情になり、キズが味わいをつくってくれます。

マイスター・マトバが愛してやまない「ひのき」について詳しくご紹介します。

木が人に心地よい感覚を与える。その理由とは?

林野庁のページに「木材は人に心地良い感覚を与えたり、再生可能で、人と環境に優しい資材です」と記載されています

木材は人に心地良い感覚を与えたり、とは 下記詳細は林野庁ページからの抜粋です

■1.適度な湿度を保つ

木材は、空気中の湿度が高い時には水分を吸収し、湿度が低い時には水分を放出するという調湿作用をもっています。

このため、木材を建物の内装などにたくさん使うと部屋の中の湿度の変動は小さくなります。

■2.断熱性や衝撃に対する安全性がたかい

木材は。無数の細胞からなり、そのひとつひとるに熱を伝えにくい空気を含んでいるため、コンクリート等と比べ高い断熱性をもっています。木材、ビニールタイル、コンクリートを床材にして足の甲の皮膚の温度変化を測定すると、コンクリートが最も足が冷え、木材が最も冷えなかったという結果が得られています。木材はパイプ状の細胞が柔軟に変形してクッションのような役目をするので、例えば大理石に比べて2~3倍の衝撃吸収能力があります。
このため床や壁に木材を上手に使用することは、転等などの怪我の防止につながります。

■3.目に優しく音をまろやかにする。

紫外線は私たちの体に悪い影響を与えることがあり、海や雪山ではこの有害な紫外線から目を守るためにサングラスをかけて目を保護します。

木材は紫外線をよく吸収するため、木材から反射する光にはほとんど紫外線は含まれていません。紫外線の反射が少なければ目に与える刺激も小さくなることから、木材は目にやさしい材料であるといえます。

また木材は、音を適度に吸収してまろやかにし、心地良く感じる範囲に調整してくれます。木材を使った部屋は「音がいつまでも響かず適度に反射する」ので音が聞きやすいといわれています。

視覚の実験を紹介します。これは静岡工業技術センターとの共同研究ですが、カーテンを開くと、白い壁だとか、ヒノキの壁がセッティングされています。大きい実物大のものを作って生理的な変化を見ることが非常に重要です。白い壁、ヒノキの壁を見てもらい、主観的な評価を紙に書いてもらいますと、ヒノキの壁では抑うつ感とか疲労感とか負の感情尺度は減少する。それに対して白い壁は抑うつ感とか怒りといった感情尺度が上昇する。あくまで気分的なものですが、こういうことが分かりました。

■4.木材は健康に良い

木材は、人の生理面や心理面に良い影響を与えることが知られています。
例えば、特別養護老人ホームでの調査によると、木材を多く使用している施設では、インフルエンザにかかったり、転んで骨折をしたりする入居者が少ないという結果がでています。

マウスを使った実験では、木製の飼育箱で生活するマウスの方が、金属やコンクリートの飼育箱より生存率が高い結果がでています。体重の変化を見ても同様です。

■5.木の香りでリラックス

木の香りは、脳活動と自立神経活動を鎮静化し、リラックスした状態をつくります。。

■6.塗装の違いでリラックスしたりストレスを感じることがある

薄い塗装は、無塗装と同様の血圧の変化をしめしますが、厚い塗装は金属に近いストレス反応を示します。

熱の伝えやすさを熱伝導率という用語で言い表しますが、熱伝導率が大きい場合は“冷たい”、熱伝導率が小さいと“温かい”ことになります。多くの木が熱絶縁材料に近い性質をもっています。したがって、木材は触ってもヒャッとすることが少なく、しばらくするとほんのりとした“温かさ”さへ感じます。まさに、木は“温かい”材料なのです。
ひのきの木肌に触れると、接触前より血圧が3%ほど低下する実験結果があります。ガラスの場合は1%ほど高くなったみたいです。

ポリウレタン塗装という厚い塗装をしたり、オイルフィニッシュで木材のでこぼこ感を残した塗装をしたりして実験をしてみました。 主観的には「無塗装」、「オイルフィニッシュ塗装」、「金属」、「厚い塗装」において、好き、嫌いに関してはっきり分かれました。
「無塗装」、「オイルフィニッシュ塗装」は快適であると評価され、「金属」、「厚い塗装」は不快であると感じられていました。 血圧の変化に関しては、無塗装とオイルフィニッシュ塗装の場合は、接触後の血圧の上昇が小さく、すぐに接触前値にもどります。
それに対してスギウレタン塗装と金属では血圧がもとの状態に戻らない。ストレス状態が持続しているわけです。このように金属とウレタン塗装は非常に近い変化をする。
ですから汚れ、傷の問題はありますが、その時々に応じてその人の価値観に応じて材料を使っていくという使い方が今後重要だろうと思われます。

■7.木の香りでダニ防除

ヒバやヒノキの薄板を畳に挟み込むと、その香り物質によってハウスダストマイト(ヤケヒョウヒダニ)の行動が制御されます。その効果は半年から一年持続します。

資料:森林総合研究所 宮崎良文ら
木の香りは、体をリラックスさせ、ダニの行動を抑制します。
塗装の違いは、リラックス状態やストレス状態を生じさせます。
各種木質居室は、リラックス状態やわくわくした状態をもたらします。
木質居住環境は、一般的に生理的リラックス効果をもたらします。
「個人の価値観に応じた環境の創造」に寄与します。

■8.学校で木製の机と椅子を導入したところ、子ども達が、物事に熱心になった、あくびがあまりでなくなったといった「良い傾向の変化」が多かったという調査結果もでています。

学校も木材を多く使うように見直されています。
木の机を使うことによって みられた傾向
インフルエンザになりにくい、気がちらなくなった、間違いがすくない、根気が出た、あくびが出なくなった、物事に熱心になった、ぼんやりしなくなった

木製の机を使うことで、良い傾向が見られる反面、天板が傷つき得やすいという難点があるが、
子供達にも 木製品のほうが良いに思われる。

上記はひのき材に限らず 木材についてですが、上記の効果を強く感じるのは「ひのき材」が顕著に感じると思います。

 

古来から神社仏閣につかわれ、日本人になじみやすく、好まれるひのき木材です!

ひのきの板は、明るく目に優し木目です、独特の香りはリラックスできる香りです。無塗装や薄い塗装で使える木材です。

 

 

このような木のよさを知ると、木の家具っていいなと思いませんか?

マイスター・マトバは木の中でも特にヒノキ家具の良さを自信を持ってお勧めします。

ヒノキについて詳しくはこちら>>

2017年7月

2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
1617 18192021 22
23242526 27 28 29
3031 1234 5

2017年8月

- - 123 45
6 78 91011 12
13 14 1516 17 1819
20 21 22 23 24 2526
2728 29 30 311 2
オーダーベッド作品集
オーダー家具作品集
オーダー家具作品集
ひのき家具facebookページへ
オーダー家具facebookページへ
ひのき家具マイスター・マトバツイナビに
ひのき家具マイスター・マトバ、ツイナビに

ひのき家具マイスター・マトバ

920-3117  石川県金沢市 北森本町ニ88番地 Japan

電話  076-258-0057

FAX 076-258-1057

営業時間 午前8時30分~午後6時

休日 日曜・祝祭日・第1土曜日