無垢板家具について

About Solid Plate

無垢板とは?

木材料には様々な木の材料がボンドで繋ぎあわされた集積材と言われるものがあります。

かたや無垢板とは、混ざり物が含まれていない板のことを指します。

無垢板一枚物は現在ではとても高価な材料とされています。

木の家具は面や端を見ると無垢板かどうかすぐに分かりますが、実際には集石材などを用いて作られていても単板(たんぱん)突き板(つきいた)と呼ばれる木の板を貼って隠してある家具なども世の中にはあります(隠されると無垢板なのかわかりません)。

マイスター・マトバでは、無垢板を使うことにこだわっています。

無垢板を使用した家具の特徴

・無垢板は時間の経過とともに日焼けし、味わいがでてきます(無垢板でも、無塗装に適しない場合もあります)・

・木の材質にもよりますが、節や木目以外の木肌が痩せて、凹凸ができる場合があります。人工的にその凹凸を浮き出させる浮き彫りも出来ます。

・無垢板は、ワックス等で磨くとツヤが出てきます。

・無垢板の縁はでこぼこがあり面白い形状のため、使い方によっては洒落たデザインになります。

・伐採の後、移動させる時についた、ワイヤーの跡(傷)が残っている場合があります。

・引き出しの底まで無垢板を使います、そのため引き出しが浅く、重くなります(もし気になる方は予めご連絡ください)。

・海外から輸入された無垢板の場合、匂いがきつい材料もあります。

マイスター・マトバが目指す本物の家具

自然の木を使い、長年に渡って使える家具を目指します。

自然の木は それぞれの厳しい環境で、枝葉ができ一本の木として成長します。

人それぞれが違うように、木も一本一本個性があり違います。

家具の材料となったとき、枝のあとが節隣となり、どれ一つとして同じものはありません。

それは木が生きてきた証です。

また、日光のあたり具合等で木目や色合いが独自のものに代わります。

これらは欠点とされ、人によっては嫌がられることもありますが、マイスター・マトバでは、これらを木の持つ個性として考え、ビンテージデニムの色むらや擦れ傷のような木ならではの『味』と考えております。

本物の家具。将来のビンテージ家具。

自然の天然の木はたくさんの小さな空洞(細胞)があり、その空洞が湿気を吸ったり、吐いたり呼吸をします。

無垢の木は、経年で色合いが日焼けし味わいがでてきます。

ひのき材はあめ色に経年変化します。

無垢の木、自然の木でできた家具は、置かれた環境で人と同じように呼吸し年月を経るのです。

本物の家具は 年月とともに艶がましたり、色が変わったり、傷付いたりと変化し磨きがかかります。

そこから愛着がわき、手放せなくなる魅力ある、世界にたった一つのビンテージ家具となります。

祖母の家具を塗装しなおして活用中。ビンテージ家具になりつつあります

無垢板家具例

  • チークの食器棚 背面も無垢板使用

  • チークの食器棚 内側

  • 無垢ひのき食器棚の内側

  • 無垢ひのき引き出しの底板

  • 無垢板天板の小口の年輪

  • 内側タンスの横無垢板の年輪

  • ベッドの板も無垢板

  • ベッドの裏も無垢板

  • 無垢ひのきベッドの横板無垢一枚板

  • ベッド足元 無垢板づくり

2017年9月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
-
オーダーベッド作品集
オーダー家具作品集
オーダー家具作品集
ひのき家具facebookページへ
オーダー家具facebookページへ
ひのき家具マイスター・マトバツイナビに
ひのき家具マイスター・マトバ、ツイナビに

ひのき家具マイスター・マトバ

920-3117  石川県金沢市 北森本町ニ88番地 Japan

電話  076-258-0057

FAX 076-258-1057

営業時間 午前8時30分~午後6時

休日 日曜・祝祭日・第1土曜日