健康家具の仕上げ 無塗装・オイル仕上げ・環境対応型ウレタン仕上げ。ホルムアルデヒドの発生しない安全健康家具を手作り

【例】白ベッド 組み立て
ひのきオーダー家具通販トップページ > 健康家具の仕上げ 無塗装・オイル仕上げ・ウレタン仕上げ。くるみ油仕上げ
塗装は薄いほうがリラックスできる

■健康家具の仕上げ方法

健康ひのき家具の着色仕上げ
仕上げ方法は「無塗装」「くるみオイル仕上げ」「ウレタン仕上げ」「オイル系着色」です。
弊社ではシックハウス症候群などの原因と言われている、化学物質・有害物質を使用しない、
またホルムアルデヒドなどを発生しない材料・塗装に心がけています。
また、これらの有害な物質を発生しない家具を当社では「健康家具」と呼んでいます。
※マイスター・マトバの接着剤は、F☆☆☆☆ボンド(コニシ木工ボンド)または、ニカワを使用します。
ホルムアルデヒド等は発生しません。

自然のままの色の仕上げ

1.無塗装

無塗装のひのきは初めは白っぽく薄いピンク色ですが、だんだん飴色に日焼けし変化してきます。
加工していないため、健康に安心して使える家具になります。
塗料が入りにくくなるほど サウンドペーパーで表面をつやつやに磨きます。
手に木が刺さることはありません。
ただし、無垢の板は呼吸をしますので、環境によっては狂いが生じる場合があります。
狂いの度合いは材料や加工によって異なります。あらかじめご了承ください。
木の狂いで隙間などができる時は、お届けから 1年以内に動くことがあります、その場合ご連絡ください。
ひのき材は あめ色に変化します、その色の変化途中少し黒く感じることもありますが、あめ色になると艶もでてきます。


お手入れは乾いたタオルでのカラ拭きをお勧めします。
無塗装の場合、小さな凹みなどは、濡れタオルを当ててアイロンを当てると、元に戻ります。
(荒療治となりますが、サウンドペーパー240番以上で撫でるようにして削ることによって修復を試みることも可能です。)
無塗装のヒノキは何百年と古い歴史を持つ寺院の廊下などにも使用されています。
★デメリットとして、ヤニが出る場合があります、この場合アルコールで拭くと綺麗になります。
数ヶ月で出る場合があります。出ない場合もあります。

ひのき無塗装ヤニ ひのきヤニアルコールで拭いた後
ヤニが出てきたところ アルコールでふき取った後
●ベッドのすのこは無塗装です。
●机や食器棚の引き出しの中も無塗装です。
●積み木や子供用品は、無塗装がお勧めです。


2.くるみオイル仕上げ。

くるみオイル(ウオールナッツ油)仕上げ自然派にお勧め
伝統的な100%天然素材、家具、建具木工、建築内装仕上げに適します。
天ぷら油にも使用できる 食用の油です。
無臭の自然オイル、塗った直後は食用油のような臭いがしますが、次第に消えます。
溶剤を一切してないのので、舐めても安全です。
古来からの、油として使われており、家具業界では高価なものとして扱われてきました。
艶が綺麗です。
お手入は やはり 乾拭き または、ぞうきんをかたくしぼって、水拭きで行ってください。
特に艶を出したい人は、定期的にご自宅でも塗られることをお勧めします。
くるみ油を塗ることによって、通気性を保ち塗膜ができます。
職人からの言葉「木部の肌触りがとてもよく、艶もよい」
<日頃のお手入れ>
乾拭きまたは、ぞうきんをかたくしぼって、水拭きで行ってください。
●手垢等よごれが心配される商品にはお勧めです。
●ベッドや机など全ての商品にお勧めです。

くるみ油

くるみオイルの塗装方法
・くるみオイルをハケ等で塗る場合
塗ったあと 乾く前に タオルや布等で磨くように余分なオイルをふき取ってください。乾きやすくなります。

・布等につけて塗る場合
くるみオイルをしみこませた布で磨くように拭いていただくと薄くつきます。

いずれの方法も付けすぎないように注意してください。

くるみ油と無塗装 くるみオイル販売
くるみオイルはサラッとしていてべとつきが少ない乾性油。
染み込んだ後、時間はかかるが固まる。
板の間、家具類など木製品の手入に使える。
白木の風合いを生かした、暖かみのある仕上がり、汚れ止めの効果もある。
(㈱泰文館発行 住む 2002年3号より)

3.着色仕上げ。

マルチステイン  食品衛生法取得 屋内用水性顔料系着色塗料F☆☆☆☆  

安全性:塗膜は食品衛生法第20号に適合、国土交通省「改正建築基準法(平成15年7月施工)、

厚生労働省「屋内空気汚染にかかわるガイドライン」、文部科学省「学校環境衛生の基準」に適合

特徴:色むらになりにくい
   色のバリエーションが豊富
   仕上がりが オイルフィニッシュのような鮮明な仕上がりになります。

   従来の水性ステインと比べると 色落ちしにくい 布への色移りしにくい

   塗料としてなかな適合がもらえない 食品衛生法第20号に適合している。

色見本 健康塗料色見本
102メープル
健康塗料色見本
103チーク
健康塗料色見本
105チェスナット
健康塗料色見本
107マホガニ

健康塗料色見本

108ブラウン

健康塗料色見本
110オリーブ
健康塗料色見本
111ウォルナット
健康塗料色見本
112ブラック
健康塗料色見本
113ホワイト
健康塗料色見本
115スプルース
健康塗料色見本
116イエロー
健康塗料色見本
117レッド
健康塗料色見本
118ブルー
健康塗料色見本
102白木
健康塗料色見本
とうめい
マルチステイン色見本 マイスター・マトバ


株式会社プラネットジャパンのプラネットカラーウッドコート

日本の知恵とドイツの技術を結集した最高品質
http://www.planetjapan.co.jp/index.html
人と環境に優しく作業性に優れた天然木材保護塗料です。
NOトルエン NOキシレン NOホルムアルデヒド 実証済み。
プラネットカラーは100%植物油を使用した安全な天然木材用保護塗料です。
● 撥水性抜群。塗装表面に液体(水、飲み物など)をこぼしてもしっかり弾き、シミなどはつきません
● 手垢や汚れがかりについても水拭きで綺麗にとることが出来ます
● シンナーや石油系の用材を含まないのでまったく安全です。
● 木の表面に幕を形成しないので、木の呼吸を妨げません
● 浸透性の塗料なのでメクレハガレがおきません。
● 塗装後の手入は水拭きで可能です。面倒くさいワックス掛けは必要ありません。
● DIN53160に合格しているので、子供の玩具はもちろん木の食器にも塗装が可能です。
 木表面の柔らかさは無塗装の場合と変わりません。
<日頃のお手入れ>
プラネット仕上げの場合、ぞうきんをかたくしぼって、水拭きで行ってください。
<しつこい汚れ>
カルナバワックスエマルジョン(プラネット社商品)を水と混合し(水1リットルにカルナバワックスエマリジョンを大さじ2、3杯)、
雑きんで拭いてください。殆どの汚れはそれで取ることができます。
プラネット社資料より
くるみ油

柿渋塗装

柿渋自体の色は薄いので 柿渋に色粉をいれて着色し塗料としてつかいます。
※仕上がり当初 ニオイが残ります。柿渋独特の匂いがする場合があります。
ひのき材の塗装柿渋と無塗装

白色塗装について

プラネットオイルの白塗装と、塗りつぶしの環境対応ウレタン白塗装と 二種類あります。
塗りつぶしの場合白塗装料金にさらに追加料金がかかります。

オーダー家具の白ホワイト塗装
オーダー家具の白ホワイト塗装
ひのき材は、経過年数で色が飴色にかわります、白色も経過年数で変化するのではと一年前と比べた画像。
オーダー家具の白ホワイト塗装
家具の白塗装について 健康オイル塗装の場合、木目が見えます。
それを塗りつぶすには、環境対応型のウレタン白を数回重ねて塗り、透明ウレタンを重ねて仕上げします。
塗装当初はシンナー系の匂いがしますが、時間とともに消えます。
過去の着色例はこちら

4.ウレタン仕上げ

微量のホルムアルデヒド等の発生があります。
健康に害の発しない、自然に優しい環境対応型塗料をつかっています。
大阪塗料のNTX型をつかっています。
http://www.osaka-toryo.com/Product-page/product/note3.htm
多少表面が硬くなります。つめの痕など付きません。
光沢が続きます。
お手入れが、比較的簡単です。
万が一、非常に大きな衝撃を受けた場合、傷がつき、 さらにその部分が白くウレタンが割れたようになる場合があります。 この場合塗装をし直ししないと修正できません。
お手入れは、基本的にから拭きをお勧めします。 汚れの目立つところは よく絞った濡れタオル、または薄めた中性洗剤で拭いてください。
●机やテーブルの天板にお勧めです。

どの仕上げも、ひのきの色は飴色に変化してきます。
健康家具 無垢家具の色の変化


↑ページのトップに戻る↑